今更とかだいすきだから(´・ω・`)

自己制作物について語ったりしてみるブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本家

という訳で、こちらからの流れで、小林オニキス氏のサイハテについて、自分の解釈を語ってみました。

いやぁ自分から勝手に語りだしといてアレですが、人様の動画の解釈を語るって若干胃がキリキリしますねw
しかもサイハテの場合、オニキス氏がブログでわざわざ
【一見すると、楽曲と映像がバラバラで合ってないようような感じなんですが、それぞれが内容を補完し合ってちゃんと意味が成立するように意図的に狙って作ってあります。
問題はその意図が、観た方に上手く伝わるのか否かなんですが。直接的な表現は避けつつも物凄く分かりやすくなってるはずなので、上手く伝わらんかったらそれは小林の表現の仕方や情報提示のバランス感覚が悪いということに。】
と仰っていたので、悪い意味で見当はずれの解釈をしたら申し訳ないというか恥ずかしいというか…
勝手にプレッシャーです、ヒャッホー

歌詞やPVに出てくる様々なモチーフが示すのは死。
細かくいうなら火葬。

スピーカー。
実際に音が鳴り響いてるその要素なのかもしれない。
が、プラスでそれを鼓動と取ってみたらどうだろうか。
嫌でも感じる自分の鼓動。嫌でも感じるあなたとの距離。

やり過ごせるね。
ココの歌詞、自分の中で凄い印象に残ってる部分で。
乗り越えるとは決して言わない。ただやり過ごすんです。
前向きな要素なんて皆無。
あなたのいない世界になんて、向き合う必要性すらない。
そもそもが二人で完結しちゃう世界だったんですよ。
他に登場人物なんていらないし、いないも同然だった。
どっちがサイハテかわからんわ。

PVのミクの表情。
笑ってる訳でもなければ、泣いている訳でもない。
無表情。無感情。
怖いですよね、何も見えなくて。

歌詞とは裏腹に、非常にポップな曲になってるんですよね。
気持ちが空回ってる、んー違うな、なんて言うんだろう。
悲しさを全面にうち出したいのなら、スローテンポなバラード辺りで良かったと思うんです。
でもこれはそうしなかった。
あえてポップな曲調を選んだんです。
その結果生まれたモノは?
今のトコロ私の中でしっくり来る言葉は、カラッポです。
悲しさやら絶望やらが溢れすぎてキャパオーバー。
打ち消しあってのカラッポじゃなくて、曲と歌詞が高めあった結果のカラッポ。
加えて、目まぐるしく動く画面が、それをより高めてる様な気がするんです。


…まとまらないかんじで書き殴ってしまいましたが、これが私の本家サイハテについて思うところです。
まぁともかく、救いのない世界だと思ったんです。
でも、私自身自分でそう思っておきながら、なんか救いが欲しかったんでしょうね。
だから、最初に思い浮かんだ映像がラストの春香さんだったんだと思います。
ただやっぱり根底にあるのはこの解釈なので、完全な笑顔にはしてあげられなかったんですね、きっと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://potechip.blog46.fc2.com/tb.php/100-d18ccdf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。